6畳間とビールと私

社会人4年目OLの一人暮らし日記

婚活、始めました。 ~説明・実践編~

燻製ちゃん婚活 第二部

~説明・実践編~

 

 

 

参加したのは「東証一部企業」が企画する婚活パーティーでした。サイトにもわざわざ書いてあったので、利用者に安心感を与えるためかと。確かに運営がしっかりしていれば、変な人は来ないのかな?という気持ちにはなります。

 

東京やその他の地方でも運営・開催されているらしく、Mちゃんが以前行ってみて楽しかったとのことだったので、同じ運営会社を利用しました。

 

 

開催場所・性別・年齢を入力すると、自分があてはまるパーティーが続々と出てきます。私は「年齢でくくった会が多いのかな~」とイメージしていたのですが、大変細かく設定がされてあって最初は引きました(笑)でもMちゃん曰く「だからこそ来る人とは目的が明確で話しやすい」とのこと。確かに。

 

具体的には「2年以内に結婚したい」「上場企業に勤めている男性」「年収***万以上」「ぽっちゃり女子」「猫カフェで開催」「アニメ漫画が好き」など。(この時点で分かる人には分かる婚活パーティーかも(笑))参加する時点でお互いの目的は分かっているわけですから、合理的ですよね。

 

 

私が参加したのは、以下のような内容でした。

 

 

 

テーマ:親友のような関係性

年齢層:男性は22~29歳、女性は20~29歳

人 数:男女17人ずつ(多い方だと思う)

時 間:12時開始、1人と話す時間は3分程度

場 所:梅田のとあるビル上層階。オフィスビルではないけれど、レンタル会議室とかありそうな感じの規模感

 

 

「Mちゃんが申込んでくれたから~♪」と何も調べずに行ったけど、本当はちゃんと注意書きとか読んでから行くべきだと思います。

 

 

 

当日の流れとしては

 

①受付で本人確認(運転免許証 etc)

 

れいなお姉さんが受付をしてくれます。個室は外からは見えないので、参加者の顔は見えません。

 

 

 

タブレットを渡され、申込時に割り振られた番号の部屋へ行く

 

部屋までお姉さんが案内をしてくれます。この時点で隣には同じ番号の男性が隣に座ることに。

 

 

タブレットにプロフィールを入力していく

 

申込時に 氏名・仕事・年収 などは入力しているのですが、それ以外の要素を入力していく感じ。後から聞いた話だと、事前に詳細まで登録していた人もいたようなので、そっちの方がいいと思いました。当日に10分そこらで上手な文章は考えられない!!!!

 

私は隣の男性(Nさん)に聞きながら、プロフィールを入力。兄弟の有無(自分はどれか)・趣味・好きなタイプ・自分の服装のタイプ・自己PR欄(自由入力) がありました。婚活へよく行っている友人から「スポーツ観戦は食いつきが良かった」とのことで、律儀に入力しました(笑)

 

 

Nさんが自己PR欄に丁寧に入力していたので私も簡素ながら入力したのですが、空欄の人も結構多かった気がします。でも書いてある人の方が話題を広げやすかったので、もし時間があれば入力すべし。内容で個性が出るし、文章の感じ(絵文字をどう使うか、無駄に小文字を使う人か etc)も見えてとても良かったです。

 

自己PRというか、自分のプロフィールや趣味の補完として使用している人が多くて、Nさんは「季節の食べ物を食べに行くのが好き」など具体的に書いており、趣味は合わずともなかなか好印象でした。

 

参加者の中にシングルファーザーの方がいたので、そのことを自己PR欄にきちんと入力していて「事前説明は大事!!!!」と書いた彼に賞賛を送りたかったほどです。(結果彼はカップリング成立していましたよ…)

 

 

④これからの流れの説明を受ける

 

通路を挟んで10席ずつくらい半個室があり、女性は最初の部屋の壁際に座ったまま、男性がそこを一周していく形でした。席のイメージ的には個別指導塾の机みたいな感じ。距離もまぁまぁ近いです。

 

緊張もしますからお茶が支給され、男性はペットボトルで(移動するから)、女性はコップで渡されます。男性の方は荷物が大変そうな人がいたので、カバンは考えた方がいいかも。入り口でメンズエステの広告を渡されたようで、それを持って移動するのが大変そうでした(笑)

 

 

説明内容:

・男性は番号が増える方向に移動していく

・1人の方と喋るのは3分程

・30秒前にはアナウンスがあるのでそれで話をまとめるように

・移動はすみやかに

・話の途中で連絡先交換禁止(今回のパーティーのルールだったようです)

・携帯電話は使用可能だが、通話と写真は禁止

 

 

⑤3分の対話スタート!

 

タブレット入力時点で既にある程度Nさんと話していたので「緊張しますね~」「男性は移動が大変ですね~」などと世間話をする時間はありました。私の回は遅れている女性がいたので「全員と回れない可能性もあります」とアナウンスがありました。(結果的には大丈夫でした)

 

「では始めてください!」とNさんとの3分がスタート。この時点で20分くらいは時間が押していたような気がします=20分はNさんと世間話をしていたということに。私は婚活パーティーへの参加が初めてだったのでNさんに色々教えてもらったり、出身大学が隣同士だったのでなかなか盛り上がりました。

 

「30秒前です」「終わりです、移動して下さい」が一度始まると、あとは流れ作業のごとく男性が次々と部屋に入ってきます。タブレットの男性プロフィール欄に自分の感想(服装/話し上手/聞き上手 etc)と好感度(☆5つ評価)の入力欄があったのですが、正直それを打つ暇がない…。女性は座っているだけなのでマシな方だと思うけど、男性はどうだったんでしょうか。

 

Mちゃんは2回目なので「キスしてもいい、付き合ってもいいと思う人に☆をつけて、それ以外の人にはつけなかった」とのことだったので、0か100で基準を決めて評価していくのが賢いやり方だと実感しました。(後から見直したときに覚えていないので)

 

 

⑥一周して帰って来る→「いいね」を送る

 

最初の席で隣だったNさんが帰ってきてお互い「お疲れ様」「疲れましたね」「短いですね」などと労いあい、アナウンスの指示で「いいね」(だったと思う)を送る作業へうつります。

 

「いいね」とは:

・自分の好意を相手に伝える第一段階

・異性の何人にでも「いいね」は送れる

・送られた側には通知されるが、運営側や他の女性には何も見えない

・=自分が送った人、自分に送ってくれた人にしか分からない

 

 

「何人でも」という無制限状態がとても戸惑いました。結果的には☆4つ以上をつけていた人に「いいね」を送りましたが、この時点で名前と顔とエピソードが全く一致していませんでした…。タブレットに指で直接書けるようなメモ欄があれば、もうちょっと相手の特徴を覚えられたような気はします…。

 

 

⑦「いいね」の結果を見て、カップルになりたい人を決める

 

集計が終わると新たなページが出てきて、男性側の一覧表が出てきます。自分が「いいね」をした人はピンクの、相手から私に「いいね」をくれた人には青色のハートが付いています。

 

ここから更にカップルになりたい人(これは1人だったか複数人だったかは忘れました)を同じように選び、選択していきます。

 

「いいね」と違うところは、相手との反応を見てから押すというところなので、もし第一希望の人が自分に「いいね」をくれていなければカップルになる可能性は低いですから、ここで作戦変更が出来ます。ただし数分しかないので決定力が問われます。

 

 

⑧結果発表が行われる

 

⑦と同様新たなページが出現し、カップルが成立していれば「○番 △△さんとカップル成立です!!」と煌びやかな画面になります。(ここで成立していなければ私は相当ダメージを負っていたと思います)

 

 

⑨顔合わせ、連絡先の交換

 

男性側が先に退出し、カップルが成立した人はEVホール前で待つように指示があります。(不成立の人はそのままEVに乗るので、男性同士でも「あいつは上手くいったのか」程度はここで分かるようになっています)その間女性は各部屋で化粧直しタイム。ヨレていないか最終確認です。

 

続いて女性側も退出し、EVホール前で合流。男性同様そのまま帰る女性もいましたが、1/3くらいはカップルになっていたように感じました。要注意なのは「相手の顔をちゃんと覚えておくということ」。

 

私はカップルになった男性が間違えてEVを降りていたからなのですが、相手が見当たらず相当焦りました。待っている男性はチラホラいるので「△△さんですか?」と声をかける訳にもいかず…。とりあえずトイレへ逃げ込み、時間を置いてから再びホール前へ行くとちゃんと戻ってきていました(笑)それも話のタネの一つになったので今思えばよかったかもしれないです。

 

カップルが成立したということは「お互いもっと話してみたい」という事だけは確かなので、とりあえず連絡先を交換。ラインIDを交換(ふるふるとか?)している方が多かったですが、△△さんは「電話番号言うわ、自動で追加されるので」と番号を教えてくれました。私もラインの交換は普段やったことなくて分からなかったので「ラインの使い方が同じくらいかな~」と思ったのと、電話番号を躊躇無く教えてくれてちょっと安心しました。

 

下の名前はパーティー中のタブレットには表示されないので、登録の際に「こういうお名前だったんですね」とこれまた話のタネになり良かったです。

 

 

⑩自由行動

 

この時点で13時半頃だったので、遅刻した人がいなければ全体は1時間程度で終わります。パーティー自体はそれで終了なので、この後どうするかはそれぞれの自由。

 

私はMちゃんと夕方まで遊ぶということだけ決めていたので、Mちゃんのカップル・私と△△さんの4人でランチへ行きました。さくっと食べて1時間程で解散

 

この時点で私はほとんど△△さんと話していなかったので、これからどうすればいいのか全く分からず…。でも数時間後に「全然話せなかったし、お互いのことよく分からないからご飯でも行きませんか?」と連絡が来て安心しました。速攻で返事しました。

 

 

 

 

 

 

書いただけでも目まぐるしい…。これが会場では1日中行われているのだと思うと「どんだけ恋人おらん奴ばっかりやねん!全然普段の生活では出会わないぞ!!!」と逆にちょっと怒っちゃうくらい沢山の人が、私と同じように出会いを求めているってことが分かりました。

 

 

 

→ 続く